update:2005.10.01  担当:解體晉書
晋書巻六十一

 列伝第三十一

成公簡
人物簡介
 成公簡(生没年不詳)は字を宗舒といい、東郡の人である。代々太守を出す家柄で、記憶力に優れていた。後に中書郎となり、さらに太子中庶子・散騎常侍となったが、永嘉の混乱の中で苟晞を頼り、彼とともに命を落とした。
本文
  成公簡字宗舒,東郡人也。家世二千石。性朴素,不求榮利,潛心味道,罔有干其志者。默識過人。張茂先毎言: 「簡清靜比楊子雲,默識擬張安世。」
 成公簡の字は宗舒で、東郡の人である。家は代々二千石〔の郡太守〕を任されてきた。飾り気のない性格で、栄誉や利益を求めることなく専ら道を追い求め、その志を邪魔するものはいなかった。暗唱の才能が人並み以上であった。張華は常に言っていた。「成公簡の澄んだ落ち着きは揚雄と比べられるし(39)、暗唱能力は張安世に擬えられるものだ(40)。」
   後為中書郎。時馥已為司隸校尉,遷鎮東將軍。簡自以才高而在馥之下,謂馥曰: 「楊雄為郎,三世不徙,而王莽、董賢位列三司,古今一揆耳。」馥甚慚之。官至太子中庶子、散騎常侍。永嘉末,奔苟晞,與晞同沒。
 後に中書郎となった。当時、周馥はすでに司隸校尉となり、鎮東将軍に移っていた。成公簡は、自分の方が才能は高いのに〔官職が〕周馥の下にあると思っていたので、周馥に言った。「揚雄は郎となると、三代に渡って移らなかった(41)。しかし、王莽(42)や董賢(43)は三司の位に並んでいた。昔も今も一緒なのだ。」周馥は非常に恥ずかしく思った。官職は太子中庶子・散騎常侍に至った。永嘉(307〜313)の末年に、苟晞のもとに逃れ、苟晞とともに亡くなった。

更新履歴
2005.10.01:第一版。
この頁の最初へ

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー