(このページの先頭)
update:2011.11.13 担当:菅原 大介
晋書巻八十九
列伝第五十九
周崎
人物簡介

周崎(?〜322)は邵陵郡の人である。湘州従事となった。永昌元年(322)、王敦が挙兵すると、譙王司馬承の命令で外部の救援を求めに城から出たが、王敦配下の魏乂に捕らえられた。魏乂から味方を落胆させる情報を流すよう脅されたが、反対に味方を勇気づけたため、魏乂に殺された。

本文

周崎,邵陵人也。爲湘州從事。王敦之難,譙王承使崎求救于外,與周該倶爲魏乂偵人所執,乂責崎辭情,臨以白刃。崎曰:「州將使求援于外,本無定指,隨時制宜耳。」又謂崎曰:「汝爲我語城中,稱大將軍已破劉隗、戴若思,甘卓住襄陽,無復異議,三江州郡,萬里肅清,外援理絶。如是者,我當活汝。」崎偽許之。既到城下,大呼曰:「王敦軍敗於于湖,甘安南已克武昌,即日分遣大衆來赴此急,努力堅守,賊今散矣!」乂於是數而殺之。

周崎は邵陵郡の人である。湘州従事となった。王敦が挙兵すると、譙王司馬承は周崎に外部の救援を求めさせたが、周該とともに〔王敦配下の〕魏乂の番兵に捕らえられた。魏乂は実情を言うように尋問し、鋭利な刀を持って近づいた。周崎は言った。「湘州は外部の救援を求めさせましたが、もともと指定された相手はなく、臨機応変に対応するだけでした。」再び〔魏乂は〕周崎に言った。「あなたは私の話を城内に伝えてくれ。大将軍(王敦)はすでに劉隗と戴若思を打ち破り、甘卓は襄陽に留まって、〔王敦に賛同して〕異議なく、三江の州郡は万里の先まで鎮められ、外からの救援の道は絶たれた、と。もしこのように言うなら、あなたの命を助けてあげよう。」周崎は偽って同意した。城下に到達すると、大声で叫んだ。「王敦軍は于湖で敗れ、甘安南将軍(甘卓)はすでに武昌を攻略し、近いうちに大軍を湘州の救援に分遣させるので、堅守に努めよ!いまに賊は散り散りになるぞ!」そこで魏乂は一つ一つ罪状を数え挙げて、周崎を殺した(1)

更新履歴
この頁の最初へ
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー