(このページの先頭)
update:2006.11.26 担当:菅原 大介
晋書巻三十八
列伝第八
遼東王定国
人物簡介

 遼東悼恵王司馬定国(生没年不詳)は文帝司馬昭と文明王皇后の子で、武帝司馬炎と斉王司馬攸の実弟である。享年三で薨じた。咸寧の初めに遼東王を追封され、悼恵王と諡された。

本文

遼東悼惠王定國,年三歳薨。咸寧初追加封諡,齊王攸以長子蕤爲嗣。蕤薨,子遵嗣。

遼東悼恵王司馬定国は三歳で薨じた。咸寧の初め(1)に領国と諡号を後から加えられ、斉王司馬攸は長子の司馬蕤を後継ぎとした。司馬蕤が薨じる(2)と、子の司馬遵が後を継いだ。

更新履歴
この頁の最初へ
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー